日本財団DIVERSITY IN THE ARTS「サマースクール2018」記録映像

「サマースクール2018」

 

障害のある方が表現者として社会で活躍できることを目的に、各分野での活動経験のある方々を対象にダンサー、俳優、パフォーマー、演奏者へのトレーニングを開催。参加者は「音楽」「ダンス」「演劇」のコースに分かれ、サーカス、ストリートダンス、コンテンポラリーダンス、演劇、音楽の日本人講師に加えて、アメリカ・デンバーから障害者による劇団PHAMALYのメンバーを講師に迎えて少人数でのクラスを開催。5日間の合宿を経て、最終日には成果を発表するパフォーマンスを行った。

期間 前期:平成30年8月5日㈰から8月10日㈮
   後期:平成30年8月12日㈰から8月17日㈮
場所 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)大阪府堺市
講師 金井ケイスケ(サーカスアーティスト/前期・後期各コース共通表現力クラス)、松永貴志(ピアニスト/前期・後期音楽コース)、鈴木ユキオ(コンテンポラリーダンサー/前期ダンスコース)、山口茜(劇作家、演出家/前期演劇コース)、DAZZLE(ダンスカンパニー/後期ダンスコース)、リーガン・リントン(劇団「PHAMALY」(アメリカ)アーティスティック・ディレクター/後期演劇コース)
参加者数 前期27名、後期26名