2018年 ワークショップ・シリーズ Ⅴ 参加者募集始まりました!

日本財団DIVERSITY IN THE ARTSでは、障害のある方が表現者として社会で活躍できることを目的に、ダンサー、俳優、パフォーマーを広く発掘するためのワークショップを行います。2018年10月は「杉原邦生 演劇・ワークショップin 札幌」を開催。シェイクスピアや歌舞伎演目などの古典から新作現代劇まで、様々な戯曲を独自の解釈と繊細かつダイナミックな演出で上演している杉原さんによる、演劇の基礎ともいえる〈身体表現〉と〈戯曲読解〉を体験するワークショップです。障害者との表現活動に興味のある、障害のない方もご参加いただけます。演技が初めての方から経験者まで、幅広い方々の参加をお待ちしております。

 

杉原邦生(演出家、舞台美術家、KUNIO主宰)
国内外の骨太な戯曲の本質を浮き彫りにしてみせると同時に、観客の予測を裏切るような挑発的な仕掛けや、ポップでダイナミックでありながらも繊細な演出が特長。 主な演出作品に、KUNIO09『エンジェルス・イン・アメリカ』、最古のテキスト“Q1”バージョンを新訳で上演したKUNIO11『ハムレット』、木ノ下歌舞伎『三番叟』『東海道四谷怪談-通し上演-』『勧進帳』、八月納涼歌舞伎『東海道中膝栗毛』(構成のみ/演出:市川猿之助)、2018年第36回京都府文化賞奨励賞受賞、セゾン文化財団シニアフェローなどがある。