Ping Chong’s ドキュメンタリー・シアター
Undesirable Elements
『生きづらさを抱える人たちの物語』(仮題)
出演者募集

 

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)では、ニューヨークを拠点に活躍されている演出家ピン・チョン氏によるドキュメンタリー・シアター・シリーズ「Undesirable Elements」の日本版オリジナル作品を2019年1月に開催します。チョン氏はこれまで、移民や、社会的マイノリティー、戦争孤児、LGBTなど、様々な「生きづらさを抱えながら生きている人たち」にインタビューを試み、彼らの物語を演劇作品化して発表してきました。今回は、現代の日本で、障害のある人や社会に生きづらさを感じている方々から様々なエピソードをヒヤリング、インタビューし、それらを演劇的に再構築する、というオリジナル作品です。プロ・アマを問わず「自分自身を表現したい!」という出演者を募集します。面接や演出には日本語などの通訳がつきます。

【公演日時・会場】
東京公演|2019年1月18日(金)~20日(日) 東京芸術劇場 シアターイースト
大阪公演|2019年1月26日(土)~27日(日) グランフロント大阪 ナレッジシアター

 

【募集要項】

応募条件
1.  16歳以上の障害のある方や社会に生きづらさを感じている方
  ※性別・国籍不問、未成年者(2019年1月26日時点)は保護者の同意が必要
2.  演劇経験不問 初心者からプロの方まで応募できます!
    ※所属者は所属先の許諾を得ること
3.  会場までの介助が必要な場合は、介助者の同伴がご自身で手配できること
4.  すべての日程に参加できる方
    ※面接選考会、インタビューの日時・場所については、一次選考を追加した方に個別に連絡します
5.  日本語(手話)を読み・話せる方

応募締切:6月30日(土)必着
募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

【申込方法】

郵送での応募
こちらのチラシ(PDF/3MB)、またはダウンロードした「かんたん版応募用紙」に必要事項を明記し、写真(上半身・全身各1枚)と一緒に、下記の宛先までお送りください。
〈宛先〉
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-3-5 野村ビル2階
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS パフォーミングアーツ・グループ UE係

メールでの応募
「かんたん版応募用紙」に必要事項をご記入いただき、写真(上半身、全身各1枚)の画像ファイルとともに下記のアドレスまでお送りください。
〈メールアドレス〉
info@dita-pa.jp 【件名】UE応募

※「かんたん版応募用紙」はこちら(Word)からダウンロードできます。
※「かんたん版応募方法」はこちら(WordPDF)からご確認ください。

ホームページから応募
こちらの応募フォームからお申し込みください。

 

【作・演出】    
Ping Chong(ピン・チョン)写真:Adam Nadel

演出家、振付家、映像アーティスト、Ping Chong + Company創設者。 演劇にメディアを取り入れたパイオニア的存在の国際的アーティスト。1972年以来、国内外で100を超える作品を制作する。人形劇やダンス、ドキュメンタリー劇、サウンド、メディア、その他の実験的な演劇手法を取り入れ、アフリカで隠ぺいされた大虐殺から中国の近代化、9.11以降のアメリカでの若いイスラム教徒の体験まで幅広いテーマを探求している。1995年東京国際舞台芸術フェスティバルで『ガイジン~もうひとつの東京物語』を阪本洋三氏と共作・共同演出で発表。アメリカ最高位の芸術賞・National Medal of Arts(国家芸術勲章)のほか、BESSIE賞(ニューヨーク・ダンスパフォーマンス賞)、OBIE賞(オフ・ブロードウェイ演劇賞)を受賞。

 

【企画・共作・共同演出】
阪本 洋三(さかもと ひろみ)

舞台芸術プロデューサー、演出家。NHKドラマディレクターを経てフリーに。ニューヨークを拠点に異文化の共存・共生を目的とした国際的文化交流のNPOを立ち上げ、国際交流基金Performing Arts JAPANや文化庁の日米舞台芸術交流事業、NHKのドキュメンタリー番組制作など文化事業の企画制作を手がけた。またブロードウェーの芸術家とオリジナル・ミュージカルを制作・演出したり、ニューヨーク・シティ・バレエ団やダンス・シアター・オブ・ハーレムの団員らと舞踊作品を作り発表してきた。チョン氏とはニューヨークで出会い、Undesirable Elementsのオリジナル・キャストとして参加、再演時には演出補佐を務めた。現在、近畿大学文芸学部芸術学科舞台芸術専攻教授として研究・教育にも携わっている。

 

【企画】鈴木京子
【主催】 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS